Stationary photo

園のめざす「たのしい」環境

仕事が「たのしい」と感じている人は、意欲的で、さらに新しいことに挑戦したり、

積極的に人と関わったり、ポジティブな考え方ができていると感じます。

自分で目標をたてて努力しているので、成長もあります。

保育の仕事は、ひとりでやろうとするとうまくいかないものです。

ひとりで頑張りすぎないで、「たのしい」を意識的に続けてほしいです。

そのコツを知りたい方、こでまりこども園でお待ちしています。

A3_06797.JPG
図1.jpg

必須条件1

「やりがい」

チャレンジできる環境

保育環境を全員で作っています。

自分の得意なこと、やってみたいことにチャレンジすることができます。

 

立場で壁を作らないようにし、先輩後輩、常勤非常勤問わず、なんでも話ができる雰囲気があります。

 

役割を明確化することで責任をもって取り組むことができます。

 

困ったときにもすぐに相談できるよう、各クラスに保育マネージャーがいます。また経験豊富な先生が沢山いるので、わからないことを優しくアドバイスしてもらえます。

必須条件2

「ゆとり」「質の向上」

ICT化

各クラスにタブレット端末(iPad)を設置しドキュメンテーション記録を行なっています。

またiPadを使用し子どもが見たいもの、調べたいことをすぐに提供できるよう教室にプロジェクターが設置されています。

職員間のコミュニケーションツールとしてSlackを導入し、情報の共有や聞きやすい環境づくりに役立てています。

A3_06740.JPG

必須条件3

「自分に合ったライフスタイル」

A3_06762_edited.jpg
A3_06823_edited.jpg

働き方の選択

固定シフト制

同じ保育者が対応することで園児の安心につながる、連続性のある保育ができる、職員間の連携がとれるというメリットがあります。

A/B/S/Lの働き方

A:オールマイティ(7時―22時)

B:ベーシック(8時―19時)

S:スポット(固定8時間)

L:リミテッド(限定職)

パート保育士の活躍

時間帯、経験年数、土曜勤務の有無によって時給の上乗せがあり、わかりやすい給与体系となっています。

必須条件4

OPENな人間関係

「関係性」

サークル活動や園内新聞の作成、Slackの活用を通し先生どうしのコミュニケーションの場を設けOPENな人間関係が作れるようにしています。

またベテラン保育者(副園長・シニアマネージャー)をハラスメント相談窓口とし、すぐに対応できる環境を整えています。

​人との繋がりを大切にし悩みはコミュニケーションで解決する、対話を重視した人間関係の育成のためチーム一丸となって取り組みます。

S__22077450.jpg